デバラボへようこそ!

ウェブサイト制作中につき、北海道大学遺伝子病制御研究所 動物機能医科学研究室もご覧下さい。

大学院生募集中!

学生のみなさまへ

ハダカデバネズミが本格的に研究されるようになってきたのは2000年代になってからで、まだ研究者人口も限られている、新しい分野です。老化耐性・がん化耐性・特異な社会性などのオモロイ現象のメカニズムは現在のところ多くが不明のままで、まさにワクワク・オモロイ研究の宝庫です。パイオニアとしてこれからのハダカデバネズミ研究業界を形作っていくのは、今そこに居るあなたです。数年後、もしかしたらあなたが革新的抗がん化・抗老化方法を発見できるかも!? ワクワクするデバ研究の世界を一緒に楽しみませんか?当研究室は、理学部、工学部、農学部、獣医学部、薬学部、医学部等、全国の様々な大学学部出身の学生を、大学院生として受け入れています。学部生の見学・研究参加も歓迎します。当研究室を見学・受験ご希望の学生さんはメールでご相談ください(miurak*kumamoto-u.ac.jp, *を@へ変えてください)
ちなみに私(三浦)も元は、理学部の化学科で高分子化学を専攻しており、修士1年でピペットマンを初めて持った人間ですので、経験は問いません(※ただし強い気合と情熱は必要です)。

当ラボではハダカデバネズミという珍しい素材を生かして、分子生物学・細胞生物学・発生工学的実験や、次世代シーケンス技術を駆使しながら、研究を行っています。テーマは三浦と相談して決めます。私がこれぞと思うテーマを皆さんに提案しますが、持ち込みでも面白ければ積極的に採用します。何でも自由に発案して下さい。学べる技術:
ES/iPS細胞の培養法、primary culture、PCR、電気泳動、real-time PCR、western/southern/northern blot、ベクターの構築、培養細胞/個体へのエレクトロポレーション/レンチウイルスを用いた遺伝子導入、各種顕微鏡を用いた観察技術、Flowcytometry、in situ hybridization、免疫染色、組織切片作成、各種組織染色、胚操作、CRISPR/Cas9を用いた遺伝子改変、次世代シーケンスのデータ解析 等。
必要に応じて、新たな分野の技術を積極的に取り入れています。

<アカデミック研究者を目指す方へ>

アカデミック研究者は、数ある職業の中でも、Creativeでやりがいがある、魅力的な職業です。自分の発想を元に、世界の人と切磋琢磨しながら好きなことを思う存分に進め、それが仕事になる、こんなに素敵なことはありません。

修士・博士課程を卒業した後に世界に通用する良い研究者になるためには、大学院生の期間に、様々な研究能力(発想力・実験能力・データ評価、論理構築・情報収集力 等々)、学会やjob huntingでのプレゼンテーション能力、論文執筆力など、様々なスキルをしっかり高めていかなければなりません。それにあたって何よりも大事なのは、面白い研究をしたい、良い研究者になりたいという、強い気合です。志があるところ道は必ず拓けます。また、良い研究者になるためには、研究能力のみならず、社会人としての常識、協調性、誠実さも非常に大事です。学生時代にスキルを十分に身につけ、しっかりとした良い論文を出すことで、次の道は大きく広がります。

<企業への就職を目指す方へ>

卒業後に企業への就職を希望する、修士過程または博士課程の学生さんも歓迎します。全力で研究に取り組み、成し遂げる経験は、研究職のみならず、将来どういう職についても大きく役立ちます。

当ラボの教育方針として、在学中はしっかり研究に没頭できる人に参画してほしいと考えておりますので、就職活動はOKですが、日々の研究には真剣に取り組んで下さい。

<デバ研での生活>

私や他の先輩たちは、やる気のある学生さんに対する支援は惜しみません。上手に利用してスキルアップしていってください。ラボは仲良く和やかな雰囲気です。当ラボでの生活は下記になります。

月曜9時〜:ミーティング・ディスカッション(個々が、二週間に一回pptとレジメを用意して発表)
木曜9時〜:論文セミナー(担当者が論文を読んでパワーポイントにまとめて、プレゼン)

その他の時間:実験・データ整理・勉強・学会準備や論文執筆など

3−4ヶ月に一度、進捗発表会を開催。前回からの進捗と今後の計画をまとめて発表し、議論する。
(プレゼンテーションの訓練も兼ねます)

半年に一度、個人面談を行う。

研究進捗に応じて、分子生物学会など、各種学会/研究会において、ポスター発表、口頭発表を行う。

論文投稿可能な段階に達したら、海外の国際学会にて発表を行う。

新歓・バーベキュー・ラボ旅行・忘年会・送別会等は随時開催(新企画歓迎です!)

興味のある人は、
miurak(アットマーク)kumamoto-u.ac.jpまで、ご連絡下さい。

文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞

三浦恭子准教授が、平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において「若手科学者賞」を受賞しました。 文部科学 …

ベストポスター賞受賞

岡香織博士研究員が、新学術領域 酸素生物学・ダイイングコード合同若手会議で、ベストポスター賞を受賞しました。

ベストディスカッサー賞受賞

博士課程3年の大岩祐基くんが、第8回北海道大学遺伝子病制御研究所研究成果発表会において、ベストディスカッサー賞 …

ナイスステップな研究者に選出

三浦恭子准教授が、文部科学省科学技術・学術政策研究所「科学技術への顕著な貢献2017(ナイスステップな研究者) …

慶應医学会野村達次賞受賞

三浦恭子准教授が、2017年度慶應医学会野村達次賞を受賞しました。

北海道大学から熊本大学へ

三浦恭子は、熊本大学大学院生命科学研究部 老化・健康長寿学分野/大学院先導機構 准教授(独立)(北海道大学遺伝 …

Cell MetabolismのVoices

三浦恭子准教授が、Cell MetabolismのVoicesで紹介されました。 Put KIAI into …

奇形腫形成プロトコル

宮脇慎吾くん(徳島大学)の奇形腫形成プロトコルの論文 Teratoma Formation Assay for …

PAGETOP