デバ研へようこそ!

Kyoko Miura

■三浦恭子■

 

 

 

 


兵庫県神戸市出身(父方が熊本県玉名市出身)

1999年3月 兵庫県立兵庫高校卒
2003年3月 奈良女子大学理学部化学科卒
(感熱応答性高分子ゲルの研究に従事)
2006年3月 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科修士課程卒(山中伸弥研究室)
(ES細胞の未分化維持機構の研究に従事)
2010年3月 京都大学大学院医学研究科 博士課程卒(山中伸弥研究室)
(iPS細胞の安全性・脊髄損傷モデルマウスへの治療効果の研究に従事)
博士(医学)

2010年4月 慶應義塾大学医学部生理学教室(岡野栄之研究室)特任助教、
2011年4月 日本学術振興会特別研究員SPD(岡野栄之研究室)、
2012年10月 さきがけ専任研究者(岡野栄之研究室)、
2014年2月 北海道大学遺伝子病制御研究所・講師(テニュア・トラック)を経て、
2016年8月同准教授(独立)。
2017年11月から、熊本大学大学院生命科学研究部 老化・健康長寿学分野/大学院先導機構 准教授(独立)
(2010年からハダカデバネズミの老化耐性・がん化耐性・真社会性に関する研究に従事)

所属学会
日本分子生物学会・日本基礎老化学会・炎症・再生医学会・国際幹細胞学会(ISSCR)

受賞
第18回日本炎症・再生医学会奨励賞(2012年)
慶應医学会第4回野村達次賞(2017年)
科学技術への顕著な貢献2017(ナイスステップな研究者)
平成28年度北海道大学 研究総長賞 奨励賞
平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰・若手科学者賞

好きな言葉: 為せば成る、為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

趣味、好きなもの: 旅、温泉、音楽、生ビール、カフェオレ、古代ローマ、漫画、息子ほっぺた高速タプタプ地獄

性格:とてもポジティブ。何かあっても寝ると忘れるのでさらにポジティブ。
真面目。集中力は高い方。声がでかい。決断は素早く&間違えず、がモットー。
研究に関する勘はするどい方だ(と思う)が、その他のことについては鈍感な方かもしれない。
動体視力が悪いため、細胞のライブイメージングの速度はゆっくりが良い。
怖いので運転はしません。

ひとこと: ハダカデバネズミはまさに摩訶不思議動物、
驚くほどに面白い事象がたくさん見つかる、研究の宝庫です。
そんなデバと一緒に、世界一おもろい!オンリーワン研究を目指しています。

 

PAGETOP